費用について

費用について

相続手続を専門家に依頼すると、費用はいくらかかるのか?

気になる方は大勢いらっしゃると思います。



当センターとよく似た相続手続サービスに、信託銀行が窓口になる、相続手続請け負いサービスがあります。

しかし、この場合、通常、相続財産評価額の大小にかかわらず、「最低手数料額」として100万(税抜)もの費用がかかります。



遺産がたくさんあって、気軽にそれだけの大金を支払える方ならいいですが、一般の感覚では、あまり現実的な費用ではありませんね。



ここで、相続手続にかかる費用を金融機関と比較してみます。



相続手続費用(遺産整理に関する業務)

手続機関 手続料金 備考
A信託銀行 相続財産評価額の1.47%
最低費用額 100万円
消費税別途
税理士費用、司法書士費用、鑑定費用、租税公課その他実費は別途かかります
B信託銀行 相続財産評価額の2%
最低費用額 100万円
消費税別途
税理士費用、司法書士費用、鑑定費用、租税公課その他実費は別途かかります
C信託銀行 相続財産評価額の2.1%
最低費用額 100万円
消費税別途
税理士費用、司法書士費用、鑑定費用、租税公課その他実費は別途かかります
当センター 相続財産評価額の0.5%
最低費用額 8万円
消費税別途
税理士費用、登記費用、鑑定費用、租税公課その他実費は別途かかります
※平成19年6月現在の費用比較情報となります。

相続財産評価額3000万円のモデルケース(参考金額)

手続機関 相続財産評価額3000万円のモデルケース(参考金額)
A信託銀行 3000万×1.47%=44.1万円(税抜)
最低料金が100万円なので100万円
その他、専門家費用は別途請求
B信託銀行 3000万×2%=60万円(税抜)
最低料金が100万円なので100万円
その他、専門家費用は別途請求
C信託銀行 3000万×2.1%=63万円(税抜)
最低料金が100万円なので100万円
その他、専門家費用は別途請求
当センター 3000万×0.5%=15万円(税抜)
その他、専門家費用は別途請求
※上記一覧表は参考価格を表すものであり、特別の手続きを要する場合等は、規定の手数料額以外に別途手数料がかかる場合があるため、価格を保証するものではありません。

費用を節約できますか?

円満相続支援センターを全手続きの窓口にすることにより、各専門家へ個別に依頼した場合と比べ、事前調査費用を大幅に削減できます。

円満相続支援センターのサービス申込料は、遺産総額の0.5%が基準です。

お電話でのお問い合わせ

0566-91-5454

電話受付時間/9:00~18:00(土日・祝除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お返事に3営業日程かかる場合があります。